愛車のヘッドライト黄ばんでいませんか?

ヘッドライトの黄ばみやくもりの原因は?

ヘッドライトのケアしてますか?ケアしないでいると、このように、ヘッドライトはどんどん黄ばんできてしまいます。

ヘッドライトは、どのような材質でできているかご存知ですか?

昔の自動車や一部の外国車のヘッドライトはガラスで出来ていますが、最近の車の多くはヘッドライトはポリカーボネートという樹脂(プラスチック)で出来ています。

樹脂製になってきたのは、安全性、軽量化、デザイン性に優れているからです。

ガラスは黄ばむことはないので、ガラスで出来ているヘッドライトは黄ばむ心配はないのですが、樹脂は様々な原因で黄ばみやすくなってしまいます。

黄ばみのいちばんの原因は紫外線

a9ddb1d3b33b0a600196b9735c6f2a53_s

樹脂は紫外線に当て続けると、表面が劣化して黄ばんできてしまい、さらに細かい傷ができ、その傷に汚れなどが付着してさらに黄ばんできてしまいます。

その状態が続くと、傷の凹凸の中に入った汚れなどが紫外線によって焼き付けられてしまって、黄ばみがひどくなり簡単に落とすことができなくなってしまいます。

また、洗車の時にワックスやコーティング剤を使用すると思いますが、こまめに洗車せずワックスやコーティング剤が残っていると、それも劣化してヘッドライトの黄ばみの原因となります。

ライトの内側の黄ばみ

今、述べてきたのはヘッドライトの外側の黄ばみについてですが、外側だけではなく内側も黄ばむことがあります。

ヘッドライトのコーキング(※)不足やヘッドライトを交換する時の取り付けミスなどによって、ヘッドライトの内部に水分やほこりなどが入り、紫外線やライトで内側に焼きついてしまう場合です。

(※コーキングとは、ヘッドライトのユニットと透明なカバーの間に水分やほこりなどが入らないように塞ぐことです。)

また、現在の車はHIDやLEDライトを使用している車が多いですが、古い車だとライトがハロゲンライトを使用している場合があります。

ハロゲンライトだと発熱が高いため、ヘッドライトの内側を焼き付けてしまうこともあります。

ヘッドライトの中まで黄ばんでしまうと、自分で洗って黄ばみを落とすことができなくなります。

ヘッドライトを黄ばんだままにしているとどうなるの?

ヘッドライトが黄ばんだままになっていると様々な悪影響があります。

1:ヘッドライトを点けた時に十分な光が出ずに暗くなってしまう

car-483774_1280

ヘッドライトが黄ばんだ状態でライトを点けても、曇りガラスのような状態となっているので見えにくいですよね。
ライトが暗くなってしまえば夜に運転する時に見づらく、事故を起こしてしまう可能性もあります。

2:車検に通らなくなってしまう

Twitterで画像を見る

車検にはヘッドライトの光量が検査項目に入っています。

暗いヘッドライトは、安全に直接影響を及ぼしてしまうので、非常に厳しくて細かい規定があります。

・灯光の色は、白色又は淡黄色
・左右で色が違ってはいけない
・色温度は3500~6000K(ケルビン)程度
・左右対称に取り付けられている
・ランプの数はロービームで2灯、ハイビームでは2灯ないし4灯
・ハイビーム時の明るさは、2灯式では1万5000カンデラ以上。4灯式では1万2000カンデラ以上
・最高光度の合計は、22万2000カンデラを超えないこと
・光の向きと角度は、ロービームは40m先のものを確認でき、なおかつ対向車の妨げにならないようにやや左向き
・ハイビームは100m先を確認できること
・レンズの上部の高さが地面から120cm以下で、下部が50cm以上。ライト部の端からボディ側面まで40mm以内に収まっていなければならない
・バルブに着色されているものはだめ
・今流行のHIDでも、白色又は淡黄色で最高光度の合計が22万2000カンデラ以内であれば問題ない

ここまで厳しい検査基準があるんです。

ヘッドライトの曇りや黄ばみがあると、必要な明るさが足りない可能性があります。

黄ばみケアで絶対やってはいけない方法

 

bus-878697_1280

エタノールなどの有機溶剤はNG!

ヘッドライト専用クリーナーよりも安く簡単な方法として、有機溶剤(エタノールなど)を使った方法や、黄ばみを落としたあとにクリアラッカーを塗って保護するという方法をしている方もいます。

エタノールは安いし、汚れないようにクリアラッカーで保護したくなる気持ちも分かります。
しかし、それでは取り返しのつかないことになります。

ヘッドライトの材質である樹脂は、有機溶媒に溶けてしまうのです。
ラッカー系の塗料は有機溶剤を使っているので、ヘッドライトに使用してはいけません。

溶剤でヘッドライトが溶けると、白濁してしまったり、ヒビ割れてしまって修復できなくなる可能性もあります。

最悪の場合、ヘッドライト自体を交換しなければいけなくなることもあります。

そのため、有機溶剤は使わないようにしましょう。

自分で出来ない時はプロに頼みましょう

gas-station-1130653_1280

自分でヘッドライトを綺麗にするのはなかなか大変です。
時間もかかるし、何より面倒ということもありますよね。

そんな時は当店のスタッフまで一度ご相談下さいませ。
RED STARではヘッドライトのくすみ取りもメニューにございます!

軽度の黄ばみであればこちらのメニューで綺麗になります

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見る

ヘッドライトが黄ばまないように日頃からできるメンテナンスとは?

 

ヘッドライトが黄ばんでしまうと、その後のお手入れは大変です。
できるだけ黄ばみを防ぐために日頃からできることがあります。

①こまめに洗車をしてコーティング剤を付ける

56ae9b64edc967a608be3e707ba2c75c_s

できるだけ汚れが溜まらないようにして、コーティングすることで汚れが溜まるのを防ぐこともできます。

しかし、コーティング剤が劣化すると黄ばみになり本末転倒なので、こまめに洗車をすることが大切です。

②日陰に車を置く

antique-car-935239_1280

ヘッドライトの黄ばみは、紫外線が原因のひとつであるということは説明しました。

そのため、できるだけ紫外線が当たらないように、日陰に車を停めたり、カーポートなどの屋根のあるところや、車にカバーをかけるなどして紫外線を防ぐことが大切です。

③純正のハロゲンライトからLEDライトに変える

ハロゲンライトは発熱が強いので内側を焼き付けてしまうことがあります。

それを防ぐためにLEDライトに変えましょう。

LEDライトの方がハロゲンライトより明るいので一石二鳥です。

日頃からのメンテナンスで黄ばみ知らずに!

bokeh-1228326_1280

ヘッドライトの黄ばみに効果のある方法やグッズはたくさんあります。黄ばみが気になる人はぜひ試してみてください。

でも、ヘッドライトが黄ばむ前に日頃からのメンテナンスをしてあげることで、ヘッドライトの黄ばみを防ぐことができます。

綺麗な状態で長く車に乗り続けるために、日頃からのメンテナンスをしっかり行いましょう!

 

関連記事

REDSTARのお得なメールマガジン

REDSTARのメールマガジン。
ご登録者の方にはお得な情報や、新作入荷情報などいち早くお伝えさせていただきます。
興味のある方は、お客様情報のご登録をお願い致します。

プロジェクト一覧

  1. 3シリーズ 323i Mスポーツパッケージ 純正ナビ・ETC
  2. メルセデス・ベンツ EクラスワゴンE500 アバンギャルド WALDエアロ 19インチ マフラー付き (シルバー)
  3. ヴェルファイヤがSOLDOUTとなりました
  4. BMW116iはSOLDOUTとなりました
  5. BMW X1s ドライブ18i ワンオーナー
PAGE TOP