4WDと雪道

雪道を走るのには4WD車が1番って本当?

結論から言うと、4WD車は雪道に1番強いです。

4WDとは前にエンジンがあって4輪を全部回して進む自動車ですね。

雪国で最も多く見かける駆動方式です。4輪全てが前に進む力を路面に伝える仕組みのため、

アクセルを踏むと真っ直ぐ進もうとするため安定します。

だから効率よくエンジンの力を滑りやすい路面に伝えることができるので、雪道に強いのです

簡単に言うと発進が簡単だということですね。

4WD車は雪道で実は一番危ない?

4WD車は1番重大事故を引き起こしやすい駆動方式とも言われています。

4WDだからと無理をすると、下手にスピードが出ているだけに深刻なコントロール不能状態に陥ります。

4WDという駆動方式で一度タイヤが滑りだすと、FFFRに比べて暴れだす車の動きを止めることができません。

これができるのはラリードライバーぐらいです。その瞬間の運転難易度でいったら、

FR車などで行うドリフト走行とは次元の違うレベルなんです。

4WD車は運転技術や経験が未熟でも容易に発進できてしまうので、自然にスピードが出てしまうケースも多くあります。

4WDが強いのは「発進性能」で「止まる性能」や「曲がる性能」は他の駆動方法と同様で、

1度スピンすると制御不能になる4WDの特性と相まって大きな事故になることもあります。

4WD駆動の車だからと慢心せずに、路面状況をよく観察して安全運転をすることが事故予防に繋がります。

4WDは雪道に強いが過信は禁物

4WD車だからといって、曲がる、止まるの要素は他の駆動方式と全く変わりません。

ここが盲点です。全てはタイヤの性能次第で、まずはこの事実をしっかりと認識するべきです。

FF車やFR車は早い段階で限界が来て前に進めずに立ち往生します。

4WD車は誰でも簡単に進めてしまうため、油断します。

4WD車は大概重いので、曲がる止まるにおいては慣性によりむしろ不利なんです。

運動エネルギー(物体の運動に伴うエネルギー)は重量に比例し、速度の2乗に比例します。

一度転がりだした重い鉄球を止めるのは大変ですよね。大変危険です。

最後に

4WDでもちゃんとしたスタッドレスタイヤを4本ともに履いているのが雪道を車で安全に走る最高の条件です。

4WD+スタッドレスタイヤは最強の組み合わせですが、

所詮車である以上路面と接しているのはタイヤだけということを忘れてはいけません。

タイヤ一本当たりの接地面積は僅かハガキ一枚ほどと言われています。

確かにハガキ2枚よりも4枚の方が当然グリップ力はありますが、油断大敵です。

 それに全ての操作をゆっくりにしましょう。急な操作を止めましょう。

今からのシーズンは雪道などを走行する機会も増えるかと思います。

路面が普段慣れてない雪道などはカメになった気分で運転するのが1番です。

まだタイヤ交換がお済みでないのであれば、今のお車にあったスタットレスタイヤ選びをして下さい。 

関連記事

REDSTARのお得なメールマガジン

REDSTARのメールマガジン。
ご登録者の方にはお得な情報や、新作入荷情報などいち早くお伝えさせていただきます。
興味のある方は、お客様情報のご登録をお願い致します。

プロジェクト一覧

  1. 3シリーズ 323i Mスポーツパッケージ 純正ナビ・ETC
  2. メルセデス・ベンツ EクラスワゴンE500 アバンギャルド WALDエアロ 19インチ マフラー付き (シルバー)
  3. ヴェルファイヤがSOLDOUTとなりました
  4. BMW116iはSOLDOUTとなりました
  5. BMW X1s ドライブ18i ワンオーナー
PAGE TOP