アウディのクワトロって何?

アウディの『クアトロ』の言葉の意味

「クワトロ」という言葉は、イタリア語で「4」。
アウディでは、このクワトロ「4」を4WDの意味を指しており、アウディ・クワトロ=4WD車ということになります。

現在のアウディでは、様々なアウディのモデルにクワトロシステムを導入しています。

クワトロシステムは、「画期的なフルタイム4WDシステム」でアウディが独自開発しました。
クワトロは1980年の登場以来、Audiの革新性を象徴する技術として進化を続けてきました。

準競技用車ともなる安全な乗用車で、他の追随を許さない人々の期待を優に上回るアウディ独自のパフォーマンスをみせています。

フルタイム4WDを乗用車に導入したのはアウディが世界初

かつて4WDは、一般的にオフロードの悪路走破を目的としていました。
そんな中アウディは、高速走行などのオンロードでの安定を得るためにはフルタイム4WDが必要と判断し、世界で初めて本格的に乗用車へ「フルタイム4WD」を導入したのです。

アウディの画期的なクワトロ導入により、他社メーカーからは高性能な4WDのスポーツカーが次々と開発されるようになり、当時、砂利道や雪道では無敵の存在を誇っていました。

その画期的な走りを生み出すシステムを作り出したとして、そのシステムをクワトロシステムとしたのです。

なのでアウディの車の車名にはアウディ・クワトロと4WDシステムを搭載した車にはクワトロが語尾につくようになりました。

 

クワトロシステムと他の4WDの違い

アウディのクワトロというのはアウディが開発した機械式トルク配分型センターデフをもつ画期的なフルタイム4WDのクワトロシステムのことを言います。

今までの4WDはせいぜい道が悪いところを安全に進むためのシステムでしかありませんでした。

それを走りの安定さと速さに還元したのがクワトロシステムです。

そこが1番大きな違いです。

それまでの4WDシステムは、パートタイム式であったりフルタイム4駆でも、ジープなどにみられる悪路走破性重視の車にしか採用されていませんでした。

しかしアウディは機械式トルク配分型フルタイム4WDを一般的な乗用車に搭載し、しかも200馬力の大出力をもつスポーツセダンに取り入れたのです。

当時は画期的かつ、なんて無駄なことをしているのだろうと批判されるような新しいシステムでした。

しかしアウディ・クワトロが世界ラリー選手権に参戦し、2年連続ワールドチャンピオンを獲得し、一躍有名になりました。

今の日本でもスバルが4WDでは有名ですが、

例えばスバルレガシー2、5DOHCターボのトルクは350N・mとなっています。

ホンダレジェンド3、7DOHCのトルクは370N・mです。

アウディのQ7V12TDIは6000ccディーゼルターボで1000N・mのトルクです。

難しいですが、簡単にいうと3倍の力がかかるのにも関わらず、壊れることなくそのトルクをタイヤに伝達できるということです。

日本各社の4WDは残念ながら低トルクしか開発していないのが現状です。

それだけアウディのクワトロシステムはスポーツセダン4WDとして優れているということです。

アウディ・セダン中古車相場

アウディ A4 クワトロ

平成22年式

走行距離3万キロ前後

中古車相場160万〜200万

 

REDSTARのお得なメールマガジン

REDSTARのメールマガジン。
ご登録者の方にはお得な情報や、新作入荷情報などいち早くお伝えさせていただきます。
興味のある方は、お客様情報のご登録をお願い致します。

プロジェクト一覧

  1. 3シリーズ 323i Mスポーツパッケージ 純正ナビ・ETC
  2. メルセデス・ベンツ EクラスワゴンE500 アバンギャルド WALDエアロ 19インチ マフラー付き (シルバー)
  3. ヴェルファイヤがSOLDOUTとなりました
  4. BMW116iはSOLDOUTとなりました
  5. BMW X1s ドライブ18i ワンオーナー
PAGE TOP